おススメサイトSEO対策男性用サプリメント/■backlink体系別バストアップ/特に■はオススメ!

絶対高齢妊娠したい!ヤスヨ式高齢不妊 口コミTOP > 高齢不妊に関する豆知識 > 卵子の老化

卵子の老化について

 

詳細はコチラ





高齢不妊に関する豆知識



卵子の老化

いくつになっても子供は産めると考えるひともいるが、妊娠には適齢期があり、女性の年齢が高くなれば妊娠は難しくなる。近時、加齢による「卵子の老化」が中年(35歳)以降の妊娠を難しくする主な原因として指摘されている。女性と男性のどちらにも疾患がなくても卵子の老化により妊娠の可能性は低くなる[9]。 男性の場合、生殖細胞(精子)を新たに作るが、女性の卵子は発生時より分化形成され、そのあと新たに作られることはない。この結果、精子の年齢は受精時には長くても生後数日であるのに対し、排卵時の卵子の歳は排卵時の女性の年齢+1となる。どれほど肉体(体細胞)が若々しく見えても、卵子(生殖細胞)の受けたダメージをはかり知ることはできない。ここでいう「卵子の老化」とは、加齢に伴う卵巣内の卵胞数の減少(37.5歳から始まるとされる[10])や、卵子の顆粒膜細胞の数の減少、核の染色体の不正確な分離、ミトコンドリアのDNAの減少、小胞体のカルシウム取り込みの能力の低下、などと考えられているが不明なことがらが多い。「卵子の老化」とはこれら卵子の機能の低下の総称である[11]。一度妊娠した女性(妊娠できた)が、その次の子供をもうけられない可能性(不妊率)は、20-24歳が5%、25-29歳が9%、30-34歳が15%、35-39歳が30%、40-44歳で64%と年齢が上がるごとに高くなっている[12]。 40代後半に至った女性以上が自然妊娠することは稀である[13]。排卵しても、すでに卵子が老化しているため、妊娠できる状態ではなくなっていることが多いためである[13]。 卵子が老化すれば、体外受精による妊娠も成功する確率は低くなる[14]。 これらの問題を回避するために、若いうちに液体窒素で卵子を凍結保存させる技術(本来は放射線治療などのために不妊になる女性に対しての保護のための治療方法)で、卵子を保存する女性もいる[9]。しかし、この牛の凍結卵子を応用した酪農の技術[15]は、まだ確立しておらず、未成熟卵や成熟していても未受精の卵子(排卵直前や直後)は耐凍性が低い[16]ため、現在の技術では確実に子どもが産まれるとは限らないという指摘がある。不妊治療に当たる医師らは、「結婚適齢期はなくなったが、妊娠適齢期は動いていない[13]」と、女性の卵子の老化と不妊について密接な相関関係が認識されていないことを指摘し、現在の不妊治療では解決できない問題があることに警鐘を鳴らしている[9]。



wikipediaより引用



ヤスヨ式高齢不妊の詳細はコチラ


<関連サイト>

不妊解消ヨガ〜壱伊スタディハウス〜 壱伊布三子 口コミ 評判 


 

高齢不妊に関する豆知識記事一覧

卵子の老化

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識卵子の老化いくつになっても子供は産めると考えるひともいるが、妊娠には適齢期があり、女性の年齢が高く...

加齢に伴う不妊リスクに対する認識

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識加齢に伴う不妊リスクに対する認識これまで日本の教育現場では性教育は、避妊とVD(性病)に主眼が置か...

生殖補助医療技術(ART)

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識生殖補助医療技術(ART)生殖補助医療技術(Assisted Reproductive Techn...

卵管鏡下卵管形成術(FT)

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識卵管鏡下卵管形成術(FT)不妊の種々の原因の中、卵管の閉塞や狭窄が30%を占めていると言われている...

クロミフェン療法

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識クロミフェン療法第1度無月経や希発月経、無排卵周期症、多嚢胞性卵巣症候群の一部で用いられる治療法で...

ゴナドトロピン療法

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識ゴナドトロピン療法第2度無月経やクロミフェン療法無効例はゴナドトロピン療法を行い排卵を誘発させるこ...