おススメサイトSEO対策男性用サプリメント/■backlink体系別バストアップ/特に■はオススメ!

絶対高齢妊娠したい!ヤスヨ式高齢不妊 口コミTOP > 高齢不妊に関する豆知識 > 生殖補助医療技術(ART)

生殖補助医療技術(ART)について

 

詳細はコチラ





高齢不妊に関する豆知識



生殖補助医療技術(ART)

生殖補助医療技術(Assisted Reproductive Technology; ART)の一般的な手順をまとめる。まず卵子と精子の採取を行う。卵子の採取は排卵誘発法を行い、卵胞の発育を促し超音波ガイド下で卵巣を穿刺し、複数個の卵子を採取する。精子は用手法で採取する。2014年現在この後の方法は、体外受精(In Vitro Fertilization; IVF)とするか顕微授精(IntraCytoplasmic Sperm Injection; ICSI; いくしー)にするかに大きく分かれる。一般的にはIVFで失敗した場合はICSIとするが、男性不妊(精子が少ない運動率が悪い奇形率が高い)がわかっている時にははじめからICSIを選択する。IVFは培養液中で精子と卵子を受精させる。ICSIでは顕微鏡下で卵細胞内に直接精子を注入する。受精卵を得られたら、子宮内で発育するように胚移植(In Vitro Fertilization - Embryo Transfer; IVF-ET)を行う。胚盤胞まで培養後に移植する胚盤胞移植((In Vitro Fertilization - Blastocyst Transfer; IVF-BT)を行う場合もある。移植後、黄体維持療法として母体にhCGの投与を行う。

かつては、腹腔鏡を用いて精子と卵子を卵管内に移植をする配偶子卵管内移植(Gamate Intrafallopian Transfer; GIFT; ぎふと)、腹腔鏡を用いて受精卵を卵管内に戻す接合子卵管内移植(Zygote Intrafallopian Transfer; ZIFT; じふと)という方法がとられていたが2008年現在、施行されるのは稀である。培養技術が進歩したことにより培養液中でより成熟した受精卵を得ることができるようになった。以前は初期胚(8細胞期まで)を胚移植するIVF-ETが主流で、3個移植も行っていたため多胎妊娠が非常に多かった。近年は桑実胚や胚盤胞を1〜2個(原則1個)移植するIVF-BTが増えてきため多胎率も軽減された。



wikipediaより引用



ヤスヨ式高齢不妊の詳細はコチラ


<関連サイト>

「しあわせ妊娠・胎教・安産マニュアル」しあわせ妊娠ライフは、妊娠前から!賢い子を産みたい!つわりになりたくない!流産はイヤ!ラクに産みたい!妊娠出来ても心配は尽きません。安心妊娠生活、安産の秘訣公開! 溝口 博士 口コミ 効果 評判 

 

高齢不妊に関する豆知識記事一覧

卵子の老化

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識卵子の老化いくつになっても子供は産めると考えるひともいるが、妊娠には適齢期があり、女性の年齢が高く...

加齢に伴う不妊リスクに対する認識

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識加齢に伴う不妊リスクに対する認識これまで日本の教育現場では性教育は、避妊とVD(性病)に主眼が置か...

生殖補助医療技術(ART)

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識生殖補助医療技術(ART)生殖補助医療技術(Assisted Reproductive Techn...

卵管鏡下卵管形成術(FT)

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識卵管鏡下卵管形成術(FT)不妊の種々の原因の中、卵管の閉塞や狭窄が30%を占めていると言われている...

クロミフェン療法

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識クロミフェン療法第1度無月経や希発月経、無排卵周期症、多嚢胞性卵巣症候群の一部で用いられる治療法で...

ゴナドトロピン療法

詳細はコチラ高齢不妊に関する豆知識ゴナドトロピン療法第2度無月経やクロミフェン療法無効例はゴナドトロピン療法を行い排卵を誘発させるこ...